店舗商品取り組み

Soup Stock Tokyoルミネ立川店限定で、咀嚼配慮食(そしゃくはいりょしょく)サービスを開始します。

株式会社スープストックトーキョーは、創業当時から「Soup for all!」という考え方のもと、食の多様性の対応を推進しています。
その一環として、噛むことが困難に感じていらっしゃるお客様へ対応するサービスを2022年6月1日(水)からルミネ立川店限定で開始いたします。こちらの店舗では咀嚼配慮食対応メニュー 全7種類をご用意しています 。
2021年11月8日(月)〜12月5日(日)にも、同店舗にて咀嚼配慮食サービスを試験導入させていただいておりました。サービス期間中や、その後にも多くのお客様からサービス再開希望のお声や、取り組みに関する応援のお声をいただいておりました。

今後も、食の多様性の 実現を視野に、さまざまなお客様へSoup Stock Tokyoを通じてお食事のシーンを楽しんでいただけるよう、利用していただくお客様の声をいただきながら、サービスの内容も整えて運営してまいります。



スープに含まれる具材のかたさの検査を実施し、それぞれのかたさの目安を算出した、スープストックトーキョーの定番メニューから季節限定のものまで、全7種類をご用意しております。

・オマール海老のビスク
・北海道産かぼちゃのスープ(温製・冷製)
・とうもろこしとさつま芋のスープ(温製・冷製)
・ヴィシソワーズ (冷製)
・オニオンスープ
・緑の野菜と岩塩のスープ
・白い野菜のミネストローネ

※取り扱いメニューは、「咀嚼配慮食品」として製造している商品ではなく、一般商品のため、原材料や製造時期により、多少物性が異なる場合がございますのでご注意ください。
※各スープのかたさの目安を算出するための検査は、具材の中で一番かたい食材を基準としております。



各種貸出器具やお客様のご要望に合わせたサービスもご用意しておりますので、ぜひご利用ください。
※スープは全てスモールカップ(180ml)でご提供致します。
※詳しいメニューやサービスの内容はこちら

■貸出器具に関して
下記の調理器具・食器・カトラリーをお貸出ししています。

・キッチンハサミ
・茶こし器
・スプーン(木もしくはシリコンスプーン)
・マッシャー

お客様の用途に合わせてご利用ください。

■その他サービス
・ぬるめ等、ご提供の商品の温度調整承れます。ご注文の際スタッフにお申し付けください。
・お食事に制限のあるお客様に限り、レトルト商品やお弁当をお持ち込みいただけます。
・お温めやその他サポートが必要な場合は、お近くのスタッフまでお申し付けください。
・水分調整用のお湯などのご提供が可能です。

■お席の事前予約

ご来店当日、安心してゆっくりとお食事の時間を過ごしていただけるようにお席の事前予約を推奨しております。ご利用日の2日前までに店舗にお問い合わせください。

事前予約電話:042-527-0855(店舗直通)
※ご利用はご予約を推奨しております。ご利用日の2日前までに店舗へお問い合わせください。
※平日もしくは日曜日の15時~17時の時間帯が、比較的空いている時間帯となっております。

また、事前予約電話のお電話がつながりにくい場合、下記でもお問合せを受け付けております。
お客様相談室:フリーダイヤル 0120-961-573
※受付時間は、午前10:00~午後6:00(土日祝・年末年始を除く)までとさせていただきます。

≪店舗概要≫
Soup Stock Tokyo ルミネ立川店
●住所:東京都立川市曙町2-1-1 ルミネ立川1F
●営業時間:平日10:00~21:00(L.O.21:00)/土10:00~20:30(L.O.20:30)/日祝10:00~20:30(L.O.20:30)
※新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、営業時間の変更が発生する可能性がございます。
●休日:ルミネ立川休館日
●席数:40席



スープストックトーキョーは、創業当初から変わらず根底にある「Soup for all !」の考え方のもと、食の多様性の対応を推進し、年齢や国籍、宗教、性的指向・性自認、そして、ものの見方や感じ方、趣味趣向などに関わらず、私たちの目の前の一人ひとりの体温をあげることを大切にしています。
0歳から100歳まで私たちの一番身近にある食べ物として、スープは年齢も国籍をも越えていく存在。食の制約に限らず、生活の楽しみの中にある小さくて大きな“食”の壁をひとつずつとりのぞき、お客さまご自身はもちろんのこと、皆さまの大切な方にも食事を楽しめる機会を増やしていきたいと考えています。
今後も「Soup for all !」の考え方のもと、食の多様性の対応を推進するために、上記の取り組みにとどまらず、さまざまな商品およびサービスの開発に努めてまいります。

ストーリー

一覧をみる