メニューについて

3/23(月)より、浮世絵から生まれた新商品「桜とひしおの花見粥」が登場

3月23日(月)〜4月10日(金)の期間限定で、Soup Stock Tokyoでは新商品「桜とひしおの花見粥」を発売します。このスープは、2020年4月17日(金)~6月7日(日)にかけて森アーツセンターギャラリーにて開催される「おいしい浮世絵展」の出展作品、三代歌川豊国(国貞) の「見立源氏はなの宴」から着想を得て生まれた商品です。


これまでもスープストックトーキョーでは「アートスープ」という、アートからインスピレーションを受けて、カップの中で作品の世界観を表現する試みを重ねてきました。第8弾となる今回、初めて、浮世絵からのスープ作りを展開。江戸時代の人々の生活に学びつつ、淡い紅の春霞に浮かぶ桜を想う一杯を全国にお届けします。(企画協力:stillwater)

三代歌川豊国(国貞) の「見立源氏はなの宴」に着想を得て、当時から続く桜を愛でる花見の華やぎ、桜の持つ儚さをカップの中に表現しました。鹿児島県産鰹本枯節や羅臼昆布、広島県産牡蠣、鯛醤(たいびしお)などを合わせた和のだしをしっかりときかせ、鯛、筍、菜の花を忍ばせたお粥です。火入れをしない生醤油「ひしほ醤油」のもろみの芳醇な香りを閉じ込めたジュレに桜を添えて、淡い紅の春霞に浮かぶ一輪の桜をお届けします。


●取扱店舗: スープストックトーキョー 全店(家で食べるスープストックトーキョーは除く)、おだし東京
●販売期間:2020年3月23日(月)〜4月10日(金)予定
※数量限定につき、なくなり次第販売終了いたします。
●販売価格:レギュラーカップ590円(税抜き)
●店舗での展開について:2020年3月23日(月)から約1週間、スープストックトーキョーエチカ表参道店、Echika池袋店では店内に桜のディスプレイを展開します。ぜひ桜とともにお楽しみください。


■会期:2020年4月17日(金)~6月7日(日)
※5月12日(火)は休館日 / ※会期中展示替えがあります
■森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52階
■開館時間:10時~20時
※毎週火曜は10時~17時 / ※5月5日(火)10時~20時 /※入館は閉館の30分前まで
■留意点:
※新型コロナウィルス感染防止のため、会期等に関して変更になる場合がございます
※詳細情報は、展覧会公式HPにてご案内させていただきます
■公式WEBサイト おいしい浮世絵展 

ストーリー

一覧をみる