環境への取り組み

11月9日より、一部店舗でサトウキビストローを導入いたします。

環境保護に対する意識の高まりから世界中で脱プラスチックが広がる中、Soup Stock Tokyoでは、ごみを減らすための取り組みのひとつとして、一部の店舗にて使用しているプラスチック製のストローの使用を廃止し、サトウキビから生まれた生分解可能なストローに切り替えます。
(提供元:株式会社4Nature(本社:東京都千代田区/代表取締役 平間亮太)



このたび導入するサトウキビストローは、もともと産業廃棄物として処理されていたサトウキビの搾りかす(バガス)をアップサイクルさせることで生まれた製品です。100%天然成分で植物資源などから作られているため、人の体にも安心で、また耐久性や飲み口も従来のプラスチックストローと大差なく安心してご利用いただけます。



ご使用済のサトウキビストローは店舗で回収し、家畜排せつ物に混ぜるほか、食品のコンポストと混ぜることで堆肥化し、より良い方法で自然に還す取り組みを進めていきます。
Soup Stock Tokyoでは、マイバッグの販売やフードロスなどの取り組みも行っておりますが、お客様にもご理解、ご協力いただきながら、環境保護につながる取り組みを行っていければと思っています。

【サトウキビストロー導入店舗】
アトレ大船店/ルミネ横浜店/エチカ表参道店/渋谷マークシティ店

ストーリー

一覧をみる