産地だより

3年目-桜海老を守る人

この春、Soup Stock Tokyoに「駿河湾産桜海老のクリームスープ」がふたたび返ってきます。海の宝石とも言われる桜海老は、日本では駿河湾のみで水揚げされる貴重な海の恵み。実は桜海老の漁獲量は年々減少しており、2018年は資源保護のため桜海老漁業組合120年余りの歴史で初めてとなる“休漁”の判断がくだされました。私たちはスープをお休みするとともに、その背景にある想いを追いかけました。

そして2021年。桜海老漁業組合の方々のたゆまぬ努力が実を結び、Soup Stock Tokyoの店舗と、家で食べるスープストックトーキョーに「駿河湾産桜海老のクリームスープ」が登場します。
期間限定・数量限定ではありますが、希少な恵みと桜海老を支える方々への感謝、そして春の訪れへの喜びを分かち合うことがかないました。

※「産地だより 桜海老を守る人たち」の過去の記事はこちらよりご覧ください。
産地だより 桜海老を守る人たち(2019)
産地だより 続・桜海老を守る人たち(2020)



今年は産地である静岡県静岡市とオンラインでつないで、これまでの3年間をふり返りながら、桜海老を支える方々にお話を伺いました。そこには、終わりのない自然との関わりと、桜海老を次世代につなぐ方々の想いがありました。


お話を伺ったのは、静岡県桜えび組合の組合長であり漁師の實石(じついし)さんと、ヤマト食品株式会社の柴田さんです。静岡県では2018年から自主的な漁獲量の規制や、海洋技術研究所など有識者との連携を強め、桜海老の保護と回復に努められています。

取材にご対応いただいた柴田さん(左)と實石さん(右)(2021/3/3取材)

― 3年間の取り組みを通して、どのような変化がありましたか?

實石さん「最初は漁獲量を減らす方針に、厳しすぎるのではという意見もありました。コロナと同じで初めてのことばかりです。この3年間は桜海老とそれぞれの生活を守っていくため、葛藤の日々でした。この3年間は『苦渋の判断』を迫られました。それでも周囲に理解者が増えたことは大きな変化だと受け止めています。桜海老の仕事を絶やさないことも、資源回復と同じくらい大切です。続く自主規制もあって、ここ数年で漁師を辞めてしまわれた方もいます。矛盾した話ですが、目指すのは桜海老漁を続けながら回復を実現すること。私たちにとって桜海老は”誇り”であり次世代に繋がなければ元も子もない、という思いは同じです。」

―120年続く桜海老の歴史のなかで、今の状況をどのように感じますか。

實石さん「今は前回の漁を振り返りながら、慎重に操業しています。春と秋、二回の漁期がはじまっても、状況によっては予定日よりも早く打ち切ることもあります。ただ、今はまだ劇的な回復には至っていないのが現実。海の変化を感じていた漁師は多く、ほとんどは2018年の記録的不漁より前から気づいていたんです。実際に調査をすると、私たちが思っているより海は良くない状態でした。
今私たちが葛藤しながら進んでいる道は、将来的にはいずれ通る道だった。桜海老の保護と回復に終わりはありませんし、次の世代が同じような困難に直面したとき役立てたらと思います。」

― 今はあくまでも桜海老を次の世代へつなぐための通過点なのですね。

實石さん「こうして歴史が続いたのは、私たちと同じように桜海老を誇りに思う先輩方のおかげです。私たちのいる由比地区では、40年以上前に”プール制度”が採用されました。それからはみんなで分け前を配分し、平等に収益を得て漁師全体で桜海老を守っています。操業する船数を全体でコントロールして獲りすぎを防ぐことで、価格が安定化するだけでなく、資源保護にも有効です。導入した当時はもめたと聞いていますが、現在もプール制度は機能しています。」

實石さん「また、規制するばかりではありません。より広く資源状態を知るため、これまで禁漁区だった場所を試験的に保護区に切り替えたり、積極的な試みも始まっています」

― これから春漁を控え、期待が高まりますね。

實石さん「正直、期待も不安も、入り混じった気持ちです。なるべく翌年に、次世代に残すことを考え慎重な判断をし下してきました。専門家の意見やデータにきちんと目を通し、漁師の経験値を生かしながら方針を検討しています。とはいえ、桜海老はどんなに手を尽くしても、全てを把握しきれない未知のことも多い生物です」

― 自然の恵みである桜海老が”海の宝石”と呼ばれるのも納得です。

實石さん「春漁の季節には毎年多くの観光客が由比の地を訪れます。雄大な富士山の前景に広がる桜海老の鮮やかな絨毯は圧巻です。地元の私たちが見ても感動するほどです。ここ数年は不漁のニュースばかりが目立ちましたが、一方で『今年はあの景色が見れる?』といった期待の声や、『早く復活してまたたくさん食べたいです!』と応援の声もいただきました。漁獲努力量を減らしていますが、産地に足を運んでいただける方にはご提供できるよう尽力しています。正直価格も上がってしまうので、心苦しいですが……。」

― スーパーに行けば年中野菜が買えるように、いつでも同じ値段で手に入る環境に慣れてしまって、本来の自然の恵みへの価値を見失っていたのかもしれません。

實石さん「そうかもしれませんね。桜海老が適正な価格であれば、間接的に資源保護につながります。ほどほどに獲り、守ることが持続可能な漁業のあり方だと思います。また、私たちが一番望んでいることは、獲ってきた桜海老を上手においしく食べてもらうこと。昨年送ってくださった桜海老のスープも、オマール海老のビスクも、すごくおいしかったですよ。」

― ありがとうございます。気軽に旅に出られませんが、スープの向こうに駿河湾や由比の地に、思いを馳せたいです。



私たちにとって駿河湾産桜海老を使ったスープは、お客さまと新しい季節の喜びを分かち合う特別なスープです。10年以上続く人気のスープで、おやすみした時には「今年はありませんか?」とお声がけ頂くこともありました。昨年のオンラインショップ販売ではあっという間に完売し、一年越しの皆さまの熱量にありがたい気持ちがこみ上げました。

Soup Stock Tokyoのスープは多くの産地とのパートナーシップによって成り立っています。私たちも生活者として5年、10年先もおいしいものを食べ続けたいですし、お客さまにもそのおいしさをお届けし続けたい。そのためにも、適正な価格で買い支えていくことを大事にしていきたいと考えています。

今年は「駿河湾産桜海老のクリームスープ」を4月24日(土)、25日(日)、5月10日週に販売いたします。
数に限りはありますが、貴重な海の恵みがぎゅっと詰まった「駿河湾産桜海老のクリームスープ」をじっくりとお楽しみください。

ストーリー

一覧をみる