Soup Stock Tokyo

肉団子と白菜の台湾風土鍋煮込み

調理時間 : 40分

肉団子と白菜の台湾風土鍋煮込み

「砂鍋獅子頭」という台湾の鍋料理です。ごつごつ大きな肉団子は、くわいのみじん切りを入れてサクサクした食感に。 旬の白菜は、とろとろに煮込めば、小さくなるのでいくらでも食べられます。

材料(3〜4人前)

<肉団子>

豚粗挽肉
450g
小さじ1/2
くわい
50g 
おろし生姜
10g
白葱
5cm 
小さじ1/2
醤油
小さじ2
紹興酒
小さじ1
オイスターソース
小さじ2

小麦粉
適量

<スープ>

干し椎茸
3枚
300cc
春雨
20g
白菜
400g
醤油
大さじ1
紹興酒
大さじ2
少々
黒胡椒
少々

つくり方

<肉団子を作る>
1
くわいは7mm程度の粗みじん切り、白菜は一口大のそぎ切りにしておく。
2
干し椎茸は分量の水で、春雨は分量外の水につけ、それぞれ戻しておく。
3
豚挽肉にくわい以外の材料を加えよく混ぜて練り合わせ、粘りが出てきたらくわいを加えて混ぜ合わせる。
4
直径5cm程のボール状にに丸めて小麦粉を軽くまぶし、180cの油で揚げる。
<スープを作る>
1
土鍋に肉団子、白菜、細切りした戻し椎茸、戻し汁、調味料を鍋に入れ蓋をして火にかける。
2
白菜がくたくたに柔らかくなったら、戻した春雨を加えて煮込み、塩、胡椒で味を調える。

< ワンポイントアドバイス >

くわいは生でも水煮缶でもおいしく作れますが、手に入らなければ蓮根で代用できます。 また、肉団子は揚げた後煮込むので、揚げる際には中まで火が通らなくても問題ありません。 表面を熱で固めるイメージで揚げてください。

 ここがオススメ 

肉団子は大きめに丸めて作ると、食べ応えがあり立派なメインのおかずになります。 一度表面を揚げることで、スープにコクが出て旨味も増します。