Soup Stock Tokyo

鱈のポルトガル風トマト煮込み ポーチドエッグ添え

調理時間 : 30分

鱈のポルトガル風トマト煮込み ポーチドエッグ添え

ポルトガルには干し塩鱈(バカリャウ)を使った料理がいろいろありますが、手に入りづらい干し塩鱈の代わりに鱈の切り身を使い、卵を落としてアレンジしました。 ご飯にもパンにも合う煮込みです。

材料(2人前)

真鱈
2切

  

玉葱
150g
にんにく
1片
じゃが芋
小1個
オリーブオイル
大さじ1
アンチョビフィレ
2枚
ホールトマト
250g
150cc
カイエンヌペッパー
少々
2個
小さじ1/2
黒胡椒
少々
オレガノ
少々

つくり方

1
鱈は半分に切り、軽く塩、胡椒を振る。玉葱は3mmスライス、にんにくはみじん切り、じゃが芋は皮をむいて2cm角に切る。アンチョビは細かく刻んでおく。
2
オリーブオイルとにんにくを厚手の鍋に入れて弱火にかけ、じっくり香りが出るまで炒める。
3
アンチョビと玉葱を加えて玉葱が透明になるまで炒め、じゃが芋も加えてさっと炒める。
4
ホールトマトと水、カイエンヌペッパーを加えて中火で15分煮込み、塩、胡椒で味を調える。
5
4を1食分づつ小鍋に分け、鱈を乗せて蓋をして加熱し、鱈に火が通ったら卵を落とし入れ、蓋をして40秒から1分、卵が半熟になるまで加熱する。
6
蓋を取り、オレガノを少々振りかける。

< ワンポイントアドバイス >

仕上げの小鍋は、厚手で冷めにくい鋳物の鍋が適しています。 卵は半熟が美味しいので、食べる直前に仕上げましょう。

 ここがオススメ 

鱈以外にも、鰯、秋刀魚、鯖など新鮮な青魚が手に入れば、季節を問わずアレンジして楽しむことができます。