Soup Stock Tokyo

スペアリブとモロヘイヤの沖縄風スープ

調理時間 : 60分

スペアリブとモロヘイヤの沖縄風スープ

沖縄料理でよく組み合わせられる豚肉と昆布のコンビネーションをヒントに作りました。 豚肉のイノシン酸に昆布のグルタミン酸が合わさることで深い味わいになります。

材料(3〜4人前)

スペアリブ
400g
小さじ1
三温糖
小さじ1
600cc
昆布
4cm
蓮根
100g
モロヘイヤ
4本 根もとだけ落とす
100cc
生姜(薄切り)
2枚
にんにく
4片
赤唐辛子
1本
少々
黒胡椒
少々

つくり方

1
スペアリブは塩と三温糖で揉みこみ一晩置いておき、昆布は分量の水に一晩つけておく。
2
蓮根は、皮をむいて5〜6cmの長さに切り、四つ割りに切って水にさらす。モロヘイヤは根元を落としておく。
3
鍋に1のスペアリブと昆布水、酒、生姜、にんにく、赤唐辛子を入れて火にかけ、沸騰したら昆布を引き上げ、アクをすくう。
4
蓋をして30分煮込み、蓮根を加えてさらに柔らかくなるまで15分煮込む。
5
蓮根が柔らかくなったら、モロヘイヤを加えてさっと煮、塩、胡椒で味を調える。
6
器に盛り、お好みで黒胡椒をひく。

< ワンポイントアドバイス >

蓮根は、大根や冬瓜に代えてもおいしく仕上がります。 季節によって具を代えて、一年中楽しめるスープです。 スペアリブは一晩漬け込むことでしっとりと味が染みこみ、パサつかず、おかずとしてもおいしく食べられます。

 ここがオススメ 

時間がおいしくしてくれるスープです。 食べる時間さえ逆算して下ごしらえをしてしまえば、簡単に本格的なおいしいスープができあがります。