Soup Stock Tokyo

かぼちゃのスリランカ風カレースープ

調理時間 : 30分

かぼちゃのスリランカ風カレースープ

スリランカの野菜カレーをスープに仕立てました。 スリランカには動物性の食材を使わないおいしい料理がたくさんあります。 最後に加えるスパイスオイルの香ばしさが食欲をそそるカレースープです。

材料(4〜5人前)

かぼちゃ
350g
トマト
小1個
玉葱
150g
オクラ
4本
青唐辛子
1本
にんにく
1片
サラダ油
小さじ2
カレー粉
小さじ1
ターメリック
小さじ1/2
シナモンパウダー
少々
200cc
ココナッツミルク
200g
小さじ1+1/2

<スパイスオイル>

マスタードシード
小さじ1
カレーリーフ
5〜6枚
赤唐辛子
1本
サラダ油
大さじ1

つくり方

1
かぼちゃは種をとり、一口大に切る。トマトはざく切り、玉葱は3mmスライスに。オクラは横半分に切り、青唐辛子は小口切りにする。にんにくはすりおろしておく。
2
鍋にサラダ油とにんにくを入れて熱し、香りが出るまで弱火で炒める。
3
玉葱、青唐辛子を加えてくたっとするまで炒める。
4
カレー粉、ターメリック、シナモンパウダーを加えて香りが出るまで炒め、かぼちゃとトマト、水を加えて、かぼちゃが柔らかくなるまで煮込む。
5
ココナッツミルクと1/2に切ったオクラを加え、オクラに火が通ったら塩で味を調える。
6
別の小鍋に、スパイスオイルの材料すべてを入れて弱火で熱し、マスタードシードがパチパチと音をたて、香りが出てきたら、熱いうちに5に加える。

< ワンポイントアドバイス >

南インドやスリランカのスパイス使いの特徴は、ホールスパイスを油で熱して後から加えること。 こうすることで香りが一段と引き立ち、野菜のみながら香ばしい香りとコクでおいしく食べられます。 サラリとしているので、タイ米やインドのバスマティライスなどとの相性が良いです。 スパイスの香りがおいしさの大切なポイントなので、スパイスオイルは食べる直前に作って加えるのがおすすめです。

 ここがオススメ 

香辛料の香りで食欲が増し、たくさんの野菜を一度に食べられる、偏りがちな栄養を補うのにもぴったりの料理です。