Soup Stock Tokyo

いんげんの和ガスパチョ 鰹のタタキ添え

調理時間 : 15分

いんげんの和ガスパチョ 鰹のタタキ添え

暑い夏に爽やかに食べられる、トマトを使わないガスパチョです。 鰹のタタキと鰹節を添えてほんのり和風に仕上げました。 料理の前菜として、また白ワインやスパークリングワインなどのすっきりとしたお酒との相性も良いです。

材料(3〜4人前)

いんげん
200g
ニンニク
1/4片
100cc
鰹(刺身用サク)
50g
白ワインビネガー
10g
1g

<付け合せ>

新玉葱
60g
鰹節
少々
ごま油
少々
少々

つくり方

<付け合せ>
1
新玉葱は薄くスライスして氷水に10分ほどさらしておく。氷水からあげて水気を切る。
2
鰹はフライパンでサッと表面を焼き付け、氷水にあてる。冷めたら水気をふき取り、1cm角のダイス状に切る。
3
12をボウルに合わせ、ごま油と塩で和える。
<スープ>
1
いんげんはヘタの部分を切り落とし、沸騰したお湯で4分茹でてから、氷水にさらす。
2
茹でたいんげん、水、白ワインビネガー、ニンニク、塩をミキサーにかけ、滑らかになるまで撹拌し、冷蔵庫でよく冷やしておく。
3
器に盛り、付け合せの鰹と玉葱、鰹節を乗せ、ごま油を回しかける。

< ワンポイントアドバイス >

いんげんは完全に火を通さないと滑らかな仕上がりにならないので、いんげんの状態を見て茹で加減を調節してください。 分量の水を半分程度氷に置き換えると、色が劣化しにくく、また、冷蔵庫で冷やさずにそのまま食卓に出すこともできます。

 ここがオススメ 

お酢をほんのりきかせたいならアップルビネガーを使うのがおすすめです。 米酢を使うとやわらかい仕上がりになります。 マグロやカンパチなど旬の魚の刺身やタタキとも合わせてみてください。