Soup Stock Tokyo

ガンボスープ

調理時間 : 35分

ガンボスープ

アメリカ南部のメキシコ湾一帯で根付いているスープで、オクラや、フィレパウダーという南米のスパイスが使われるのが特徴です。 魚介のシーフードガンボ、鶏肉、豚肉、甲殻類など具材のバリーエーションが豊富なのも一つの特徴で、一皿でたくさんの具材を楽しめる満足度の高いスープです。

材料(3〜4人前)

海老
6尾(1人2尾)
鶏もも肉
80g
ホールトマト
250g
オクラ
6本
玉葱
60g
セロリ
50g
ニンニク(みじん切り)
1片
浄水
400cc
ピーナッツバター(無塩)
30g
カイエンヌペッパー
1g
オリーブオイル
15g
少々
胡椒
少々

つくり方

1
鶏もも肉は一口大に切る。海老は殻をむき、背ワタを取って1cm大に切る。玉葱、セロリは1cm角に切る。オクラは5mm幅の輪切りにする。
2
鍋を火にかけ、オリーブオイルを引いて、海老、鶏もも肉を並べ、焼き目を付ける。
3
焼き目がついたら海老だけを取出し、玉葱、セロリ、ニンニク、カイエンヌペッパーを加え炒める。
4
野菜がしんなりしてカイエンヌペッパーの香りが立ってきたら、ホールトマト、水、ピーナッツバターを加え、15分ほど煮込む。
5
とろっと煮詰まってきたら焼き目をつけた海老、オクラを加え、火が通ったら、塩、胡椒で味を調える。

< ワンポイントアドバイス >

オクラは具材を煮込んだ後で入れることで、色や食感を残して調理できます。 もっととろみをつけたい場合やオクラを柔らかく煮たい場合は、他の野菜と一緒に最初から煮込んでください。

 ここがオススメ 

水を200cc少なくして濃度をつけ、あんかけのようにごはんにかけて食べるのもおすすめです。 ピーマンやズッキーニなどの夏野菜とも良く合います。