Soup Stock Tokyo

苺大福のスープ

調理時間 : 60分

苺大福のスープ

ドイツでは、「ミルヒライス」、「スペインではアロス コン レッチェ」の名前でよく食べられるミルク粥を苺大福に見立ててアレンジしました。お好みで冷たく冷やしても美味しく召し上がれます。

材料(4〜5人前)

40g
もちきび
15g
300cc
きび砂糖
25g
コンデンスミルク
大さじ1
牛乳
120cc
生クリーム
大さじ1 
ひとつまみ

<付け合せ>

小豆あん
160g(お好みで加減してください)
10個

つくり方

1
米は研いでざるにあげておく。苺は2個は飾り用にスライス、残りは8ツ割にしておく。
2
鍋に米ときび、水を入れ強火で加熱し、沸騰したら弱火(ふつふついう程度)で20分加熱する。
3
焦げ付かないようにヘラで混ぜながら、さらに弱火にして20分加熱し、柔らかくなるまで煮る。
4
きび砂糖、牛乳、コンデンスミルクを加えて温め、ハンドミキサーで、好みの固さまですりつぶす。
5
生クリームと塩で味を調える。
6
器に苺を盛り、小豆あんをかけて、上から4を注ぐ。
7
飾り用の苺をのせる。

< ワンポイントアドバイス >

砂糖は、上白糖やグラニュー糖でも代用できますが、きび砂糖を使うとやさしい甘さに仕上がります。

 ここがオススメ 

市販の小豆餡を使うのでとても簡単。 餡が固い場合や甘すぎる場合は、好みの固さや甘さにお湯で伸ばして調節して使ってください。