Soup Stock Tokyo

シーザーサラダのスープ

調理時間 : 15分

シーザーサラダのスープ

春から初夏にかけてが旬の高原レタス。 火を通すことによって普段捨ててしまう外側の部分や、生野菜では味わえない野菜の甘みを楽しむことができます。 またサラダで食べる以上の量を摂取することもでき、消化にもよいです。 おなじみのシーザーサラダを、見た目や食感をアレンジした、インパクトのあるスープです。

材料(3〜4人前)

レタス
大1玉(約540g)
クレソン
90g(約1束)
80cc
オリーブオイル
少々
少々

<シーザーサラダドレッシング>

マヨネーズ
50g
牛乳
40g
粉チーズ
20g
ニンニクすりおろし
1/3片
レモン汁
2g
アンチョビみじん切り
1/3枚
少々
胡椒
少々

<付け合せ>

ベーコン
3〜4枚(人数分)
温泉卵
3〜4個(人数分)
クルトン
適量

つくり方

<シーザーサラダドレッシング>
1
材料をすべてボウルに入れ、泡だて器でよく混ぜ合わせる。
<スープ>
1
フライパンにベーコンを敷き、弱火にかけ、じっくり油を出しながら両面がカリカリになるように焼く。
2
レタスは芯を取り除き、4等分くらいに切り、水で洗う。(鍋に入りやすい大きさに)
3
レタス、クレソンを沸騰したお湯で4分ゆでる。
4
ゆでたレタス、クレソンをザルにあげ、氷水に入れて粗熱をとる。
5
熱が取れたらザルにあげて水を切り、さらに手で握るように絞り、水気をよく切っておく。
6
水気を切ったレタス、クレソン、塩、オリーブオイル、浄水をミキサーに入れまわす。
7
スープを皿に盛り、温泉卵、カリカリにしたベーコン、クルトン、シーザードレッシングを上からかけ完成。

< ワンポイントアドバイス >

食べる前に、熱いお湯の中に5分ほど温泉卵を入れて温めておくことで、レストランのような温度差のある楽しい一皿になります。 シーザーサラダドレッシングは市販のもので代用していただくとより手軽にお召し上がりいただけます。

 ここがオススメ 

チンゲン菜やルッコラなどこの時期に旬な緑野菜を組み合わせたり、前の日にお浸し用に茹でて少し残った緑野菜などを入れるのもおすすめ。 食感や風味としてクルトンの代わりにクルミなどのナッツもよく合います。