<?= $title ?>

6/18(月)〜7/27(金)の6週連続、

週替わりで計12種類のカレーを販売します。

<?= $title ?>

6月22日以降も、Curry Stock Tokyo はまだまだ続きます。
6月18日(月)から7月27日(金)の期間中、
全店で毎週2種類・週替わりで計12種類のカレーをご用意いたします。
この期間しか食べることのできない冷たいカレーなど、
特別なカレーも登場します。

今週は、お子様もご一緒に。
“辛くないカレー”もありますよ。

<?= $title ?>

618日(月)から727日の期間中、
毎週2種類・週替わりで計12種類のカレーをご用意いたします。

7/16(月・祝)〜7/20(金)

  • サンバール
    (豆と野菜のスパイスカレー)

    <?= $title ?>

  • 日本の知恵とインドの知恵

    南インドの料理でスパイスを使った豆と野菜の煮込みを野菜たっぷりのベジタリアンカレーにしました。柔らかく煮えたムング豆とプチプチした食感と軽やかな辛さを添える香辛料のマスタードシードをアクセントに、タマリンドに代え梅干しの酸味で爽やかに仕上げています。お肉が入っていなくてもついつい食べ進んでしまうのは日本の知恵とインドの知恵の賜物です。

  • 茄子と牛挽肉の
    辛くないキーマカレー

    <?= $title ?>

  • スパイスたっぷり、でも辛くない

    玉葱、かぼちゃ、人参、マンゴー、りんご、バナナなど、野菜と果物の甘みと旨味をベースに重ね、そこに17 種類以上のスパイスを加え、隠し味に醤油を少々、赤唐辛子を使わず辛くないのにカレーの風味を楽しめるカレーを作りました。油で揚げてとろりと溶けた茄子と、フレッシュなトマトが味のアクセント。お子さまや、辛いものが苦手な方にもおすすめです。

7/23(月)〜7/27(金)

  • レモンチリの冷たいカレー

    <?= $title ?>

  • 夏はやっぱり冷たいものが食べたい!

    あるスタッフが自分で食べるカレーを冷やして食べていた、という話から生まれた冷たいカレーは、じっくり炒めた野菜やヨーグルトでおいしさをつくります。油分が少ないから冷えても固まらない“ 冷たいカレー ”が実現できたのは、これがポイントでした。クミンやカルダモンの香りとヨーグルトのまろやかなソースに、レモンを絞って爽やかにお召し上がりください。

  • 無花果(いちじく)チャツネの
    キーマカレー

    <?= $title ?>

  • 「もったいない」をヒントに生まれたカレー

    無花果は小さな傷や熟し過ぎによって出荷できないものが多く出ますが、熟度の高い無花果はジャムに最適。私たちはその無花果を使って、インド料理で使われるマンゴーのチャツネをヒントに、無花果でチャツネを作りました。チャツネに使うクローブ、カルダモン、シナモンなど香辛料はカレーにも合うので、甘辛い味わいが新しいキーマカレーが出来上がりました。

6/18(月)〜6/21(木)

  • カシューナッツのホッダ
    (スリランカ風ココナッツカレー)

    <?= $title ?>

  • 衝撃の味を2年越しで商品化

    スリランカの旅で出会ったホッダ(スリランカの料理で“ココナッツミルクの煮物”のこと)の味をどうにかカレーとして商品にしたくて、2 年越しの開発を経て生まれた、カシューナッツをココナッツミルクで煮込んだ、鰹だし香るカレーです。スリランカ料理に欠かせないスパイスの「カレーリーフ」と「マスタードシード」を油で抽出して使い、スパイスの香りを大切にする調理方法を忠実に再現。新鮮な香辛料の刺激を感じます。

  • ぶどう山椒の麻婆カレー

    <?= $title ?>

  • もしも麻婆豆腐がカレーになったら?

    四川料理の定番“麻婆豆腐”にスパイスを加えカレーにアレンジしました。辛味の正体は「ぶどう山椒」。香りのよい、このぶどう山椒を香辛料のひとつとして加え、盛り付けの際にも挽きたてをふりかければ、柑橘を思わせるすがすがしい香りとしびれるような辛さが広がります。「豆板醤」「カレー粉」「ぶどう山椒」他では食べられない辛さの3重奏のカレーです。

6/25(月)〜6/29(金)

  • 豚トロのビンダルーカレー

    <?= $title ?>

  • 甘くて、辛くて、酸っぱい

    酢とにんにくでマリネした豚トロを使った酸味、辛み、甘味のバランスのとれた西インド風カレーです。ポルトガル領であったインドの地域には、ワインで肉を漬け込むといった西洋料理の手法が料理にも取り込まれています。最後に爽やかな大葉をトッピングすることで、インド、ポルトガル、日本が融合したオリジナルのカレーになりました。

  • 野菜とココナッツの
    アジアンカレー

    <?= $title ?>

  • ココナッツ仕立てのアジアの香り

    インドだけでなく、タイなどアジアの国々ではココナッツミルクを使ったカレーをよく食べます。野菜のブイヨンをベースに、生姜、コリアンダー、クミン、カルダモン、レモングラスなどのスパイスと、ヨーグルトを加えて爽やかに仕上げました。ココナッツの甘い香りと、スパイスの風味が食欲をそそります。お好みでレモンを絞ってお召し上がりください。

7/2(月)〜7/6(金)

  • バターチキンカレー

    <?= $title ?>

  • ご飯に合う北インドのカレー

    インド北部は南部に比べ、米が育たない気候なので、主食は小麦(チャパティやナン等)が多く、カレーも濃厚でクリーミーな味わいのものが多いのが特徴です。私たちは北インドのカレーをご飯に合わせておいしく食べられるように、生姜とにんにくを少々強めに効かせ、カシューナッツペーストでクリーミーな味わいにしました。溶かしバターの風味が立ち上ります。

  • カリフラワーのキーマカレー

    <?= $title ?>

  • カリフラワーの底力を知ってほしい

    インドの食卓では、カリフラワーは定番野菜です。その優しい味わいを最大限に味わっていただくため、カリフラワーがメインのカレーを作りました。カリフラワーのピューレをカレーのソースに、具材として食感を楽しめるよう茹でたものを使い、鶏挽肉と合わせました。大葉の爽やかな香りと、マスタードシードやグリンピースのぷちぷちとした食感も楽しい一皿です。

7/9(月)〜7/13(金)

  • ココナッツの冷たいカレー

    <?= $title ?>

  • 世界のどこにもないオリジナルカレー

    Soup Stock Tokyoのオリジナルで、あえて言うならサラダのようなカレーです。冷たいソースとトッピングの生野菜、温かいご飯を一緒に口に運ぶと、爽やかでスパイシーな風味が口いっぱいに広がります。ココナッツミルクで仕上げたまろやかなソースは、マスタードオイルで炒めた生姜の風味と、コリアンダー、レモングラスの爽やかな香りがアクセントです。

  • 茄子と鶏肉の
    スパイシーカレー

    <?= $title ?>

  • Soup Stock Tokyo史上最もスパイシー

    南インドのカレーをお手本に作ったこのカレーは、香辛料をたっぷりと使って複雑な辛味を生み出しました。酢漬けのハラペーニョがその辛さを際立たせつつも爽やかな仕上がりで、隠し味の蜂蜜の甘みも感じられます。具材には夏が旬の茄子と鶏肉、トッピングで炒めたししとうも加わり彩りもあざやかで、スパイシーな風味と、野菜や鶏肉などの旨味が後を引きます。

<?= $title ?>

2018年6月22日(金)、
スープがなくなる日。

<?= $title ?>

Curry Stock Tokyo のさまざまな楽しみ方をご紹介します。

通常のトップページ

© Soup Stock Tokyo co., Ltd All rights Reserved.