Soup Stock Tokyo

「世の中の体温をあげる」

「実業と妄想が得意です」なんて言っています。
でも、実業は大変ですよね。
私たちでいえば、Soup Stock Tokyo や giraffe、PASS THE BATON などなど。
毎日まいにち。

でも、うちのメンバーは、それぞれのブランドが大好きで、真面目で、
大切な仲間がいて、お客さまとのやりとりに一喜一憂して。
最近、そんな彼らから、愛を感じます。
スマイルズが出来て 15 年、
愛なんて言葉は今まで出てこなかったけれど、
彼らの真剣な表情をみていると、それを感じます。

だからビジネスにウソがあってはいけない。
誇れるものでなければいけない。
実業って、人がいて、愛があって出来上がっているんだな、と思います。

そして妄想。
今の時代は変化の時代、だから面白い時代です。
「20 世紀は経済の時代、21 世紀は文化・価値の時代。」と言っています。
20 世紀は経済が強すぎて、勝ちパターンやシステムが強くて、
変化も個人も組織の論理に丸めこめられていた。

でも、今は、変化や個人の時代。
だから、私たちが、自分たちでコレだと思ったこと、やりたいと思ったこと、
トキメイてしまったこと、自分ごととしてやるべきと思ったこと、
そんなことが実際に出来るし、
自分たちで仕事も働き方も、或いは人生なんかも、
想って実践していけばいい。
妄想を、実現してしまえばいい。だから面白い。
実業はヒリヒリと大変だけど、だけど面白い。
文化ってなに?価値ってなに? 足し算引き算ではでてこない、
きっと大事なもの。

そんなことをいつも想っていると、今まで気がつかなかった山を、あるとき発見する。
勇気をもって、皆で汗かいて、登ってみる。
工夫して、苦労して、腹を決めて、登ってみる。いつしか、頂上に辿り着く。
だれも見たことのない景色が目の前に、バッと拡がる!
これか!って、みんなで驚きながら、しばし見とれる。皆を呼びよせる。
そんな見たことのなかった彼方の景色を、「価値」ってよんでみたい。

そんなときが、世の中の体温がちょっとあがったとき、なんだと思います。

2015.11.19
代表取締役
遠山 正道

企業としての感性(5感)

スープストックトーキョーでは企業理念を実現させるにあたり、それを支える感性として、私たちらしさを表現した「5感」という言葉を共有しています。①低投資高感度、②誠実、③作品性、④主体性、⑤賞賛 からなり、私たちの行動指針となっています

1.「低投資高感度」
私たちは様々な制約条件の中でこそ、知恵や高い感度(*)が育まれると考えています。そして社内外を問わず、その仕事に携わっている人々の知恵、情熱、工夫、既成概念に捉われ ない考え方などを摩擦させることにより、必然性と品性を伴った新しい価値が生み出され、 質の高い提案ができると考えています。(*)感度とはセンス、アンテナ、ひらめき、ときめきです。

2.「誠実」
私たちは、自分自身だけでなく、まわりの人々に対しても嘘や偽りがなく、時には厳しさも 持ちながら、愛情と思いやりをもって誠実であることが何よりも大切であると考えています。お客様、仲間、協力会社のみなさま、そして社会全体に対しても、私たちは常に誠実な姿勢であり続けたいと考えています。

3.「作品性」
私たちは、資本や規模の大きさにとらわれることなく、私たちが納得して思い描いたシーン(未来予想図)の質や意義、高い感度の中にこそ、自分たちの存在価値があると考えています。これからも身近な日常の中から題材を見つけ、必然性、品性、洗練さ、驚き、ときめき などを内在した、スープストックトーキョーがやるとこうなったと言われるような提案をし 続けていきます。

4.「主体性」
私たちは、批評家や観客ではなく、自らが発想し、自らが手をあげ、自らがバットを振る、個が強いチームを目指しています。そして個性的でユニークであることを歓迎しつつ、仲間との連携と補完によってさらにお互いを高めあい、より強いチーム作りを続けていきま す。

5.「賞賛」
私たちは、一過性のブームではなく、お客様や仲間、協力会社のみなさま、社会に賞賛をも って受け入れられ、長く愛されるスタンダードになることを目指しています。そしてお互い の気持ちを知り、大切に扱い、賞賛しあうことを忘れることなく、お互いに高めあえる関係 を築いていきたいと考えています。

事業案内

Soup Stock Tokyo は首都圏を中心に展開する「食べるスープの専門店」です。 Soup Stock Tokyo では素材が持つ自然な味わいをお楽しみいただくために、 化学調味料等に頼らず、手間隙をかけた素材の特長を活かした調理方法を採用し、 従来のファーストフードとは一線を画した料理をご提供しています。 季節や週ごとに変わる種類豊富なスープのほかに、カレーやデザートメニューも取り揃え。 全国約54店舗を展開しています。(※2017年9月現在)

家で食べるスープストックトーキョー

また、ご家庭でもいつでも作りたてのおいしさを味わっていただけるように、 と始まったのが「家で食べるスープストックトーキョー」。 出来上がったスープの美味しさをそのまま冷凍パックスープにしてご用意しています。 はじめは通信販売から始まり、百貨店などへの卸販売も開始。全国に展開する 10店舗でもお求め頂けるようになりました。近年は日常の食卓だけではなく、 お中元やお歳暮など、ギフトとしてお買い求めいただくシーンも増えてきました。 食べ合わせやアレンジレシピなど、幅広い食の楽しみを提案しています。

also Soup Stock Tokyo

「休日のスープストックトーキョー」というコンセプトで自由が丘に 路面店を構えるのが「also Soup Stock Tokyo」です。休日のいっても過ごし方は ひとぞれぞれ。家族との団らんのひとときや、ご友人とのにぎやかな再会のお食事、 歓送迎やお祝いなどのシーンにも使っていただける店を開きました。この店でしか 召し上がることのできない、旬を生かしたこだわりのお料理と気分が高揚するお酒。 ワークショップの「おいしい教室」なども展開し、街に開かれた場所となりました。

おだし東京

“スープストックトーキョーが日本の食に恋をしました。”ひとことで表すならば、 そんな和の新業態が「おだし東京」です。味噌汁、おかゆ、鍋、おでん、郷土汁、 日本には数多くの汁文化に向き合い、私たちらしく独創性を加え、向き合います。 出張前のほっとつける1杯、休憩や仕事帰りにも、だしが沁みわたりますように。

会社概要

会社名 株式会社スープストックトーキョー
本社所在地 東京都目黒区中目黒 1-10-23 シティホームズ中目黒 203
電話 03-5724-8521
設立 2016年2月1日(株式会社スマイルズより分社)
資本金 1000万円
決算期 3月31日
売上高 84億 5,300万円(グループ総計/2015年 3月期)
役員構成 代表取締役会長:遠山正道
取締役社長:松尾真継
取締役:江澤身和
監査役:森 勇二
従業員数 社員188名 アルバイト約 1,500名(2016年2月現在)
事業内容 1.飲食店、小売店の経営
2.食料品、繊維製品、日用雑貨の企画、製造、販売
3.インターネット等を利用した通信販売
4.各種イベントの企画、運営、管理
主要取引銀行 三菱東京 UFJ 銀行、みずほ銀行
ウェブサイト 株式会社スープストックトーキョー:http://www.soup-stock-tokyo.com/
株式会社スマイルズ:http://www.smiles.co.jp/
トップへ戻る