Soup Stock Tokyo

諸塚村どんぐり材プロジェクトから生まれました

アトレ四谷の壁面は荒いどんぐり材の表面を活かして作られました。
きっかけは「諸塚村どんぐり材プロジェクト」を知ったことからでした。

宮崎県諸塚村ではしいたけ栽培が盛んで、しいたけ原木となる
どんぐり材を積極的に植林をして来たのですが、高齢化に伴い
しいたけ栽培の人手が不足し、原木だけが余るようになりました。
この状況を改善し、人の交流を生み出す試みとして、始まったのが、
「諸塚村どんぐり材プロジェクト」です。

Soup Stok Tokyo ではこのプロジェクトに賛同し、内装材、
家具材として使用しました。

荒い木肌を活かした、森の温もりを感じる店舗

壁面にルーバー状に取り付けられた、ごつごつとした樹皮付きの
部材は、どんぐり材の特徴を良く現しています。
自然の力強さをダイレクトにお伝えしたいと考えました。

どんぐり材

アトレ四谷店の壁

温野菜とチーズのブラウンシチュー

おだし東京 Soup Stock Tokyo