Soup Stock Tokyo

オマール海老は絵画のような海で育ちます。

オマール海老の故郷はカナダの大西洋岸一帯です。
特に有名なのは、
プリンス・エドワード島州、ノバ・スコシア州、
ニュー・ブランズウイック州、ニューファンドランド&ラブラドール州の
4州です。
それぞれの州に漁期と旬の時期があります。
活オマール海老は、冬のノバ・スコシア州(SouthWestNova)産が
最高と評価されています。

熱い思いと優しさを持った漁師さん

オマール海老の漁師さんはみんな温かい人ばかりです。
自分の船に子供の名前を付けたり、
誰かの誕生日には港で働く人達みんなで、歌を歌ってお祝いします。
厳しい北の海では、優しい人の繋がりが無くてはならないのです。

オマール海老のトラップにも優しさが詰まっています。
小さなとオマール海老は逃げられる工夫がされており、
子供のオマール海老は無事脱出できるのです。
もし卵を抱えたメスのオマール海老が掛っていた場合も、
漁師さん達の手で、海へ帰してあげるのです。

皆、オマール海老が大切な資源だということを分かっているのです。
手塩にかけたオマール海老をどれだけ良い状態で、
水揚げ場まで持って行けるのかということに、
漁師としてのプライドを掛けています。

沢山の人の手間と時間をかけたこだわりが凝縮し、
一杯のスープとなって届けられるのです。

オマール海老の漁師さん

オマール海老漁のトラップ

温野菜とチーズのブラウンシチュー

おだし東京 Soup Stock Tokyo