Soup Stock Tokyo

新作スープに関するご意見・ご感想はこちら

Soup Stock Tokyo MUSEUM

スープストックトーキョーミュージアムにようこそ。

ここはスープの美術館です。スープをご注文いただきましたらお席へどうぞ。音声ガイドとともにスープをお楽しみください。今回「ゴッホとゴーギャン展」に合わせて2つのスープを新たに作りあげました。彼らの絵画を前に、Soup Stock Tokyoが感じたことや作品の奥に広がるストーリーを、カップの中に表現しています。ゴッホの“リアリティ”とゴーギャンの“イマジネーション”。相反する二人の作家から生まれた新作スープをぜひご賞味ください。(企画監修・林綾野)

Soup Stock Tokyo MUSEUM 音声ガイド

イヤホン・ヘッドホンをご持参いただくと音声をお楽しみいただけます。
(店内でヘッドホンの貸し出しもしています。スタッフまでお尋ねください)

お手持ちのスマートフォンなどから下記webサイトにアクセスすると、作品に関する裏話などを音声ガイドでお楽しみいただけます。リーフレットに記載してある番号にしたがって音声ガイドをお聞きください。(ナレーション・菅原敏)

Soup Stock Tokyo MUSEUM 音声ガイド

第1章;
リアリティとイマジネーション

ゴッホとゴーギャンが南フランス・アルルの地で共に創作活動に打ち込んだ時期があるのは有名なお話。同じ環境に暮らす、2人の画家が目にする景色は同じでも、表現された作品には興味深い“視点の違い”がありました。

“ゴッホ”の麦畑のスープ
(サフランと野菜のプロヴァンス風)

黄金色に輝く小麦畑の美しさに心踊らせ、大地の恵みに感謝し、ゴッホは情熱的な筆触で作品を描きました。その筆のタッチのように細かく刻んだ野菜の色彩と、スペルト小麦の素朴な食感、プロヴァンス地方では親しまれているサフランの風味、南仏の麦畑を思わせるスープをお楽しみください。

このスープの詳細はこちら

滋味深く、黄金色に輝くスープ。誕生の裏側は?

“ゴーギャン”の麦畑のスープ
(豚肉の煮込みプロヴァンス風)

イマジネーションを持って描きあげていくのがゴーギャンのスタイル。南仏ではお馴染み、ビールで煮込んだ豚肉にひよこ豆のピューレを合わせたこのスープは紫玉葱のソテーがアクセント。ほんのり辛味のあるオイルはまるで南仏の太陽の輝き。記憶と想像から絵を描くゴーギャンが見た「輝く麦畑」を表現しました。

このスープの詳細はこちら

目の前の景色を、後日カンヴァスの前で想像し、記憶を手繰り寄せるゴーギャン。

収穫

フィンセント・ファン・ゴッホ

© Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

ブドウの収穫、人間の悲惨

ポール・ゴーギャン

© Ordrupgaard, Copenhagen Photo: Anders Sune Berg

同じ風景の中に、共に暮らしたゴッホとゴーギャン。2人は、ライバル?それとも親友?

ハム

ポール・ゴーギャン

© The Phillips Collection, Washington, D.C.

食で繋がるゴッホとゴーギャン。ゴッホが作ったスープとは!?

第2章;
ゴッホが描いた「生命」

ゴッホの人生は苦難に満ちていました。そんな彼は「絵を描くこと」を励まし、誰かの役に立ちたいと考えていたようです。ひたむきに働く農民にとって希望の光となるような、生命の輝きがテーマだったからこそ、豊かに実る麦畑やエネルギー溢れる玉葱の姿を描いたのかもしれません。

ゴッホの玉葱のスープ

ゴッホが描いた玉葱の絵は、数点あります。体調を崩した直後に描かれた「タマネギの皿のある静物」では力強く生きる命の象徴として芽吹いた玉葱が描かれました。じっくり炒めた玉葱のオニオンスープに、ちぎったパンを浸した、ゴッホの愛した質素で農民的な暮らしを思わせるスープです。

「ゴッホの玉葱のスープ」誕生秘話。

タマネギの皿のある静物

フィンセント・ファン・ゴッホ

©Kröller-Müller Museum, Otterlo

芽吹く玉葱に、コーヒー、意識的に組み合わせ描いた意図は何だったのでしょうか?

第3章;
Soup Stock Tokyoの作品

Soup Stock Tokyo のスープは、そのひとつひとつが作品です。商品が生まれるきっかけや、一杯のカップに表現するこだわり、作り手の想いなど、さまざまな瞬間に存在する「作品」への想いをご紹介します。

芸術家のレモンと鶏肉のスープ

多くの芸術家たちを魅了した地中海。芸術家たちはどんな風景を見て、どんなものを食べていたのか。想像力はいつも、新たなスープが生まれる原動力です。地中海沿岸に暮らした芸術家の食卓を思い浮かべながら、黄金色のサフランと爽やかなレモンの風味で豊かな風土を表現したスープです。

「芸術家のレモンと鶏肉のスープ」通称“ピカソスープ”、果たしてその由来とは?!

オマール海老のビスク

オマール海老の故郷はカナダの大西洋岸一帯。海を越えてはるばる私たちのもとへ送られてきます。毎日一滴一滴作られたスープに欠かせないのは、シェフがひと釜ずつ味を確かめること。季節や自然環境によって少しずつ変わる味を、確かな舌と経験でいつも変わらない「オマール海老のビスク」に調えていくのです。

オマール海老のビスクの味を測るメーターがあります。

東京ボルシチ

Soup Stock Tokyoの看板スープといえば、東京ボルシチ。たっぷり炒めた玉葱で作った洋食仕立てのスープのなかに、大きな牛肉やほくほくのじゃがいも、にんじんがひとつずつ。レモンを差し込み、となりにヨーグルトを沿えるまでがひとつの作品です。一杯ずつまるで絵画を描くような気持ちで仕上げています。

ボルシチは夜出来る?

ゴッホとゴーギャン展

2016年10月8日(土)~12月18日(日)

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とポール・ゴーギャン(1848-1903)。19世紀末に活躍し、今なお世界中の人々に愛されてやまないこの二人の画家に焦点を当てた、日本初となる展覧会です。
会場:東京都美術館 企画展示室 問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
www.g-g2016.com

Soup Stock Tokyo MUSEUM 音声ガイド  Weekly Menu

「新作アートスープ」に関する、お客様のご意見・ご感想をお聞かせください。

※ 頂いたご意見に関する返答は行っておりませんが、今後の商品開発やサービス改善等の参考にさせて頂きます。